飲み屋の三線弾きの雑感
by gonzodesign
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リンク
カテゴリ
最新のコメント
バンド名は「4月(しんぐ..
by gonzodesign at 01:30
Fumiちゃん??? あ..
by gonzodesign at 23:16
何回かお店でいい歌聴かせ..
by Fumiちゃん at 11:24
新人賞通っただけの儂に声..
by gonzodesign at 22:33
お疲れ様でした。 よう..
by dakkarayo at 20:22
なるほど半期14回で14..
by gonzodesign at 23:51
いいね!!! 私は..
by おいやん at 23:00
それは否定しませんが、何..
by gonzodesign at 23:26
楽しかったみたいですね。..
by dakkarayo at 21:34
ヤナ顔は置いといて上野さ..
by gonzodesign at 23:48
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
梅田の正宗屋が閉店(T_T)
from 桂雀三郎ファンブログ
宮城ホルモン店の「沖縄風..
from まろまろ記
いちにの三線
from 「だっからよー な日々」
「棒ラーメン」 屋台 九州味
from どんな味かな。Before ..
オジーオズボーン『Tri..
from ROCK野郎のロックなブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
スピーカーを作ってみましょうね
いつも、iMacの前に座って、iTunesで先生の音源を再生しながら稽古して
いるのですが、録音状態によっては少し音が小さい場合がありVol最大に
しても物足りない気分になる事が有りました。

そんな環境を打破する為に、外付けのスピーカーとアンプを買うしかない!
↑(買い物する為の動機付け)
しかし、色々と探せば探す程、自分のイメージに合った物が見つからない。
無いなら作けばいいぢゃないか!と、久しぶりに「工作」欲が湧きました。

とりあえず評価の良いスピーカーユニットと全面バッフル用の板材を注文。
今日届いたので、早速穴も開けていない板の上に乗せてみてパチリ。
e0058094_15201224.jpg

スピーカーはのPARC Audioの8cmフルレンジ(ケブラー製コーン)
板は「パドック」というアフリカの銘木です。なかなか良い感じ。
早く塗装して木目が見たいな〜

全面の縁を斜めにカットする鋸も調達しました。
少しずつ形にしていこうかと思っています。GWには完成させたいな。


 
[PR]
# by gonzodesign | 2015-02-28 15:25 | 良い子の工作 | Comments(2)
あまりしたくないのですが・・・「発声」の話
定期的に出てくるのが「発声」の話。
収拾がつかなくなるので避けていますが、Facebookで見ておられる方もおられると
思うので、前に書いた記事を再度読み返してみました。

※前の記事はこちら⇒ http://kajimaya.exblog.jp/19747240/

高い声が出したい、張りと艶のある声が欲しい、もっと情けが・・・等々、目標にも
段階があるでしょうが、今までの儂の体験では、発声で悩んでいればいる程、まずは
「大きい声」で唄い、「喉の基礎体力」をつける事が結局近道だと思っています。

第一段階の目安は「羞恥心が無くなるまで」(笑)

人それぞれの地力が違うので、やはり「自分で色々やりながら進めて行くしかない」
ですね。でも、途中で好きな人の真似をしてみたり、色々と遊んで楽しみ(苦しみ?)
ながら続けていく中で、(先生にアドバイスをもらいながら)徐々に自分の唄い方が
見えてくれば、それが一番良いのではないでしょうか。

お友達の誕生日のサプライズで某民謡歌手をお招きして、一曲唄って頂いた事がある
のですが、30人は入る大きい部屋にも関わらず、部屋の壁が「ビリビリ!」と振動す
るくらいの声量があって、びっくりしました。(超かわいい声なのに凄い音量!)
幼い頃から唄ってきた人と我々では、年季が違うと思った瞬間でした。


発声と合わせて「節回し」を入れる練習も大切です。(大概の人は節が入りきらない)
例えば「ヤッチャー小」で、♪サーヨー た〜(七)~(八)↑の~~むよ・・・ の、
"↑"の場所、つまり八の直後、さらに一発(九くらいまで)上にサグ入れる、とか。

どうしても声をひっくり返さないと出来ないので、嫌でも裏声の勉強になります。
儂は、この手の練習を必死でやって結構鍛えられました。楽して鍛錬は無し。


・・・というところで、今日はこんなところにしときましょう。
この話、終わりが無いので。


 
[PR]
# by gonzodesign | 2015-02-24 19:00 | 唄三線 | Comments(0)
CDレビュー (Punch Bros.JB Tribute,姑がなし)
今年初めての音源購入。立て続けに3枚ゲットです。

e0058094_2327102.jpg■Punch Brothers「Phosphorescent Blues」

類い稀なるセンスを持ち合わせた超絶ミュージシャン軍団の4作目。「ネオ・ブルーグラス」とのジャンル分けさえ無意味な程のぶっ飛び具合。楽器は伝統的だが、やっている事はオルタナ系のロックバンド。知的で繊細な音の織り交ぜ具合と曲調の展開で、動の中に静を感じ、かつサウンドはアコースティックなので、嫌な気分に成る事無く最後まで楽しめます。"Phosphorescent"とは"燐光を発する"の意味ですが、まさしく暗闇でフワッと青く光っている、そんないぶし銀に通じる良盤。

e0058094_23472450.jpg■Looking into You: A Tribute to Jackson Browne

正直な所、ジャクソン・ブラウンは、その知名度に比べて圧倒的に良く知らないが、大好きなBonnie Raitt姉御がDavid Lindleyと組んだ曲が入っている、という単純な動機で購入。他にも大御所どころのカバーが23曲入りのの2枚組CD。コンピ物はともすると「やっつけ感」で安っぽい音源を集めただけになる事もあるが、そんな曲は皆無。JBが如何にリスペクトされているかがよく解るというもの。アメリカンミュージックな気分に浸りたい時にはバッチリ。

e0058094_23594345.jpg■沖縄民謡特集 吉屋物語・姑がなし

先月の結婚式二次会で「姑がなし」をリクエストされたが「良く知らないので無理」とお断りした。でも、さすがに目出度い場所で「♪あの世旅立ちゃる二人ぬ親がなし」はないですよね(苦笑)
金城実さんのCDは持ってないし特選集・名選集にも収録されていない、ということで中古盤を探して即発注。フォー・シスターズ「丘の一本松」、金城恵子さんの「白骨節」他、名人による名曲コンピ。民謡酒場に良く合いますわ。

[PR]
# by gonzodesign | 2015-02-16 00:07 | CD/DVD/Live/Books | Comments(0)
撥の滑り止め(2種)
元・師匠からのリクエストで撥を削ったが、それとは別に「最近、撥が滑って
困ってなー」とお悩みだとの事。

儂もそうだが、若い頃は弾いていると汗で滑らないかヒヤヒヤしたものだけど、
歳とともに手汗は減ってくる。これ実感(。-_-。 )ノ
若い時には想像も出来なかった事だが、サラサラで滑って困るようになるとは・・
という事で、儂も近い将来のことを考え事前に対策を考えておこうかと(笑)

撥の加工はリスクが伴うので、まずは道具に頼ってみる事に。
ギタリスト&元バンドとしては楽器屋をググるのは、もはや日課(笑)なので
簡単に導入できる、この2つをお取り寄せして、早速レポート。
e0058094_337762.jpg

まずは「ピック滑り止めシール」。ロゴでも解るフジゲン製。
元々は紙ヤスリを貼ってみようかと思ったのだが、柔軟性ゼロなので曲面に
貼るのは難しく、市販のものを買ってみた。
直径1.5cm程のウレタンゴム状で、指触りはソフトだが、確かに滑らない。
撥の親指側は内側に湾曲して指を受けてくれるので、まずは背の方に1枚
貼って試してみた。

e0058094_3421111.jpg←自分撮りなので結構手首ひねってますが雰囲気は解って貰えるかな?

薄いテーブですが、中指の先っちょだと、やはり「何かが挟まっている」違和感があるので、第一関節から指の側面に当たる場所にしました。指の先は撥に直接当たっているので違和感も少ない。

結果は「良好」!
親指側にも付けようかと思っていたが、儂的にはこれで充分。ウレタンゴム?が指に吸い付く感じで、かなり滑りにくい。

弾いてみたところ。右手の余計な力が不要な分、撥が軽くなり、早弾きもスムーズに撥が動く感じ。

これはしばらく自分の撥にも装着して見る事にしよう。


次にドラムスティック用の「ZILDJIAN DRUMSTICK WAX 」。
何てったって、シンバルのトップメーカーZildjian製です!悪いはずが無い!
早速、撥に当たる右手親指と中指をワックスに擦り付ける。気温が低いせいか固くて
思ったよりコッテリにはならないが、スリスリしていると指の表面に薄膜が張る様に
着いて抵抗感が増す。ベタ付く感じはなく、かなり自然。
ちなみに機能とは関係ないが、お花?の香りもしてリラックスできます(笑)

そのまま(先ほどのシールは装着したまま)撥を持つと、やはり効果有り。
スルスルの指が多少ネバ男君に変身した気分。これは本番の状態でもっとコテコテに
塗って使用すればかなりの効果があると感じる。但しこれは、本来は汗かきの人用だ
と思うので、水分がなくなると粘り気が落ちるので、人によって効果が違うだろう。


以上、どちらも良い感じだったので、早速J市君にブレゼントしてあげよう。
邪道かと思われるかも知れないが、余計な心配から解放されるだけで、本来の演奏が
できて、表現したい事に100%の力を出せるのなら、立派に道具の「成果」と言える
のではないかと思う。

あ、シールは5枚ほどあげるだけなので、10枚は残ります。
試してみたい方はご遠慮なくご連絡ください。差し上げます。


 
[PR]
# by gonzodesign | 2015-02-02 04:31 | 楽器・機材 | Comments(6)
久しぶりの「撥削り」
今回は、順市君に頼まれての罰、もとい撥削り。
元々、儂の使っている撥と殆ど同じ形なのは知っていたので、快く引き受けました。

三線を始めた15年前には色んな撥が売ってたんですが、今は同じ形の規格品しか
ありません。しかも誰がそうしたのかは知らないが、どれも先の角度が尖りすぎ。
こんなのでは掛バチが引っかかって出来ません。
皆さんどうして居るのでしょうか。不思議。

e0058094_14332750.jpgさて、あずかった撥はこんな感じです。角度の違いが解るでしょうか。
これだけの違いで掛けバチが出来ません。ダウンピッキング時と違い、掛けはバチをあげる時にこする程度なので、角度がありすぎると抵抗が多すぎてスルッと抜けてくれません。
マーカーでラインを引きます。
e0058094_14354378.jpgまずはマーカーに沿って。金ノコでギコギコと切ってしまいます。
グラインダーも持っているのですが、以外に時間がかかる上に、材料の牛の角が削れる時の臭さが嫌なので、一気に切る方が手っ取り早くてオススメです

そして荒削りです。平ヤスリでアールを削りだし、荒い紙ヤスリ(#300〜#400)で
ゆがみを是正しながら一気に形を作ってしまいます。
e0058094_14392215.jpg

#800→#1200〜#2000と細かい紙ヤスリでツヤが出るまで削ります。
先っぽの尖り具合は好き嫌いですが、今回は少し使った感じに丸めました。
e0058094_1444484.jpg
#2000の後です。ピンぼけですがツヤが出ているのが解るでしょうか。
最後に水研ぎペーバーでこすり、ツルツルになれば完成。

e0058094_14462122.jpgこれで完成!と行きたかったのですが、先が良い感じになると、今度は背が山形に尖っているのが気になってしまいました。
平ヤスリでゴリゴリ削って、再び紙ヤスリ(荒〜細〜仕上)でこすって行きます。

完成!
e0058094_14503063.jpg
両端は儂の爪です。右が初期に買ってから使い続けているNo.1撥。
左は一回り大きい撥を初号機に合わせて加工したもので、現在のライブ用No.1。

さて、順市君は気に入ってくれるかな?



 
[PR]
# by gonzodesign | 2015-01-17 14:53 | 楽器・機材 | Comments(5)
カレンダー完成!
今年のカレンダーが完成しました!

昨年のHawaiiバージョンに続き、2015年はTaiwanバージョン。
去年より少し重心を下げたズッシリ感でなかなかの出来です。
今回も当然縦版です。
e0058094_1210398.jpg




 
[PR]
# by gonzodesign | 2015-01-11 12:10 | 日々 | Comments(2)
新機器導入&エフェクトボード組替
ギターソロの時の音量アップ&メリハリ強化の為に、ブースターを導入。
候補の一つMark L「Dirty Track Boost」がバーゲンで半額だったので
音も試さずに購入。(置いてる楽器屋無いしね)
早速繋いでみると、ん〜微妙・・・
普通の可変ボリュームでは無いので、音量がいきなりドカンとUPするし、
踏むだけで強力なノイズ発生。やっぱりOnecontrolにすれば良かったかな。

ということでノイズ対策としてCAJ「AC/DC STATION ver.3」も購入、
ボードも組み替えてみました。
e0058094_013476.jpg

やっぱChandlerのTubeDriverでかいなー。でも他の買う程でもないしなー。
ちなみにPandra Stompは、コンプ/コーラス/オートワウ等をアサイン。
ま、当面これでいきますわ。てかギターの出番はあるのかな?

追伸。去年も年明け1/3にボード作ってたみたいです。笑
http://kajimaya.exblog.jp/21528881/


 
[PR]
# by gonzodesign | 2015-01-05 00:18 | 楽器・機材 | Comments(0)
夏休みの宿題が、やっと完成しました
夏から頼まれていた「二つ折り三線の袋」が完成しました。
最初はハードケースを考えていたんですが、依頼者から「旅先で弾く為に、
旅行鞄に入れたい」とのリクエストを頂いたので、袋に変更。

元々は去年の夏休みの宿題だったんですが、あれこれ考えている内に仕事が
忙しくなり、あっと言う間に年を越し・・・やっと冬休み具体化出来ました。

↓日本の三味線は三つですが、同様に棹が二つに分解できます
e0058094_1812493.jpg

↓クルクル丸めた時に天の出っ張りと鳩胸の向きが合うようにアタリをつけ
e0058094_17571499.jpg

↓ミシンで縫いました。(縫子は嫁)
e0058094_1758588.jpg

↓完成。チーガーは皮が破れないように両面に板を当てましょうね。
e0058094_1759634.jpg

全長約50cmなので、鞄に入れて機内持ち込みもOK!
よっぽどガツン!と当てない限り大丈夫(だはず)!
あとは、チルの巻き取り方とか糸掛けへの止め方に工夫が必要かな。

また島の話でも聞かせてね。てか皆で一緒に行きたい〜!(^人^)



 
[PR]
# by gonzodesign | 2015-01-02 18:09 | 日々 | Comments(0)